2013年02月26日

アラブ世界(トルコ)のコーヒー文化

征服によるトルコ帝国の拡大とともに、16世紀後半から17世紀にかけて、嗜好飲料としてのコーヒーはアラブ世界に広がっていきます。
が、当時の生産技術ではコーヒー豆の生産量は限られていました。したがって、きわめて高価な奢侈品でした。
現在の価値にして、ディミタス・カップでも、少なくとも1杯数万円くらいの価格になったでしょう。

しかし、イスラム世界の富裕な商人や太守・領主たちは、自分の権力や権威を誇示するために、高価な宝石や貴金属、衣装を身にまとい、高価な食器で、これまた高価な料理や飲み物(コーヒーも含む)をこれみよがしに享受するのが、通常の生活スタイル、行動スタイルでした。
あるいは、客のもてなしに贅沢な飲み物としてコーヒーを振る舞うこともあったはずです。

すると、彼らの下の階層の人びとや成り上がり者たちもまた、有力者の生活スタイルを模倣して、身分的ないしは社会的地位の上昇をめざし、あるいは成功の果実を味わいたくなります。
というわけで、贅沢品=コーヒーはあっという間に普及していきます。
それというのも、当時、世界最高の科学技術や土木技術を誇っていたイスラム人たちは、ものすごく高度な農業技術・栽培技術を持っていたから、コーヒーの栽培をそれまでは難しかった地帯に広げたり、収量を増やす農耕・灌漑技術を開発したからです。<

こうして、遅くとも16、17世紀には、医薬用とか宗教的な用途から独立して、風味を楽しむ奢侈飲料としてコーヒーが富裕階層のあいだには広がっていったといえます。
たぶん、そのときには、コーヒーに砂糖を入れて甘くする飲み方はなかったはずです。というよりも、考えられなかったでしょう。
というのは、当時、砂糖は、重さあたりでは、金よりもずっと高価な貴重品、希少品だったからです。
これをコーヒーに入れると、1杯数千万円以上の値段がついたでしょう。
コーヒーに砂糖を入れた苦みを消し甘くする飲み方が、一般に普及するのは、それから少なくとも200年近く経てからのことです。

今私たちが「当たり前」に感じている、砂糖をふんだんに使って甘みを加えるという文化は、20世紀に特有の特殊な、そして、恐ろしく不健康な生活スタイルなのです。昔の人たちは、物がないがゆえに、もっと賢かったのです。

シナモンナツメグクローブ


posted by 田舎おやじ at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーの歴史 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。